Validaterとは

4. Validater (5-3)

validater(入力チェック)をXMLで定義。
validaterをXMLで定義する。 validaterは、日付型チェック、数値型チェック、レングスチェックなど基本的なチェックを提供する( validaterは記載内容より充実しています )。

50以上のクラス、1000以上のメソッドで構成されている。
以降に記載されている機能は、全体機能のほんの一端であり、全容が知りたい場合はJavaDocが整備さえている。

XML定義で出来る事 コントローラ[Servletクラス]
MVC/機能/機能の内容
C
[Servlet]/リクエストと処理クラス、画面遷移のマッピング/処理要求(主にリクエスト)を業務ロジックに振り分ける。業務ロジック実行結果をうけ、その後の画面先の制御する。/通常、システム全体またはサブシステム単位にServletクラスを1つにする。 画面遷移はActionMap.xml、Action.xml、ResultMap.xml、で定義する。クラスの呼出関係を変更する場合も、XMLを変更することで実現する。ハードコーディングの箇所が大幅に減るため、従来のフレームワークと比較し、メンテナンス性が大きく向上する。
例外処理/例外内容に合わせた処理を実行する。/例外処理は通常、catch (Exception e)を使用せず、Event.javaまたはBusiness.javaで定義する。エラーメッセージ、入力項目の背景色の変更、画面遷移先を決定できる。
通常Servletクラスをシステム全体またはサブシステム単位に1つにする。 Servletにcatch (Exception e)を記述し、他の全クラスでは、 catch (Exception e)を記述せず、 throws Exception { を記述する。つまり、1つのServletで全ての予期せぬエラーをハンドリングする集中処理方式を採用している。
この方式のメリットは、プログラマ(コーダー)のレベルが低水準でcatch (Exception e)を使いたがる場合、どのクラスでExceptionが発生しているのか解らなくなる事を100%防げる。
エラー発生時には、データの整合性を保つためのロールバックも自働で行われる。 Servletクラス内でロールバック方法の細かな記述も可能。
また、納期までに原因を判明できないバグが発生した場合、 Servletで最終決定を行うので、エラーハンドリングで逃げる事も可能。(※推奨はできない)
チェック管理/ページ遷移チェック等の各チェック機能の管理を行う。初期化・実行順序・実行。/ActionMap.xml、Action.xml、ResultMap.xml、で定義する。ハードコーディングはない。

M
[Model]
DBアクセス(JDBC/Oracle)のコネクションプール/JDBCの簡易ラッパーおよび、コネクションプール機能。/JDBCの簡易ラッパーおよび、コネクションプール機能を提供する。
Select文SQLの発行結果支援/Select文SQLの発行結果データ(何カラムあっても)を一行でデータクラスに自働代入/Select文SQLの発行結果データ(何カラムあっても)を一行でデータクラスに自働代入。
result = statement.executeQuery(sqlSlc);
if (result.next()) {
// resultのデータをクラスに代入
data.setAllColumnValues(result);
}

エラー発生時の自働ロールバック/エラー発生時の自働ロールバック/エラー発生時には、データの整合性を保つためのロールバックは自働で行われる。 Servletクラス内でロールバック方法の細かな記述も可能。

M
[Model]
DBアクセス(JDBC/Oracle)のコネクションプール/JDBCの簡易ラッパーおよび、コネクションプール機能。/JDBCの簡易ラッパーおよび、コネクションプール機能を提供する。
Select文SQLの発行結果支援/Select文SQLの発行結果データ(何カラムあっても)を一行でデータクラスに自働代入/Select文SQLの発行結果データ(何カラムあっても)を一行でデータクラスに自働代入
result = statement.executeQuery(sqlSlc);
if (result.next()) {
// resultのデータをクラスに代入
data.setAllColumnValues(result);
}

エラー発生時の自働ロールバック/エラー発生時の自働ロールバック/エラー発生時には、データの整合性を保つためのロールバックは自働で行われる。 Servletクラス内でロールバック方法の細かな記述も可能。

V
[JSP]/画面呼び出しの定義/Jspの仮想呼出名称の定義を記述する。/resultmap.xmlに定義する。
<!-- 制度明細 -->
<result>budget_detail</result>
<jsppath>/grant_jsp/BudgetDetail.jsp</jsppath>

表示項目とデータベース項目とのマッピング/表示項目とデーベースのテーブル・項目とその属性に合わせたマッピングを行う。/画面の項目表示(例)
画面の表示モードに従い入力項目なのか、表示項目なのかを自働判別し、項目を生成する。
<%= budgetDetailForm.printInputHTML("budgetDetailData", "予算年度") %>

5. 設計書とプログラムの同期(1) ※開発中 8月リリース

設計書⇔XML定義のフォワード・リバース。
フォワード機能。
設計書から、ActionMap.xml、Action.xml、Result.xml、 Form.xml 、Data.xml 、と Businessクラス、JSPを出力できる。 (一部開発中)
リバース機能。
XMLで定義された、クラスの呼出関係の定義、画面項目・入出力の定義、チェック処理の定義情報は、専用ツールで設計書化できる。(開発中)

5. 設計書とプログラムの同期(2)

専用ツールで設計・製造をより効率化。
専用ツールで設計のミス、モレを防ぎ、設計効率を向上した。(下画面が専用ツール。最新バージョンではこの方式を廃止。)
設計は、専用ツールの画面に入力する方法と、設計情報をエクセルファイルにダウンロードし、設計作業をエクセル上でおこない、そのファイルをアップロードする形で進めることも可能。(最新バージョンで採用。現在開発中)

6. 稼働環境

validater(入力チェック)をXMLで定義。
validaterをXMLで定義する。 validaterは、日付型チェック、数値型チェック、レングスチェックなど基本的なチェックを提供する( validaterは記載内容より充実しています )。

お客様要件、品質、可読性、生産効率、メンテナンス全てを思いのままに約1/4に工数を圧縮しコストの3倍の利益を実現したフレームワーク。
エンジニアマインドから作られたフレームワークを完全否定し、生産工学に基づく唯一のフレームワーク。
オブジェクト指向を否定し「MOVE 1 TO W-NO. 」の世界を肯定する。
お客様の要求する予算、納期、品質を実現する強力なフレームワーク。
高い可読性から生まれるメンテナンスの容易なフレームワーク。
設計書とプログラムが同期する唯一のフレームワーク。
進化しつづけるフレームワーク。
Validaterとは人智学。人智の集合体。人の願い。

その代わり、手形割引すると手形は割引料が別途かかります。割引料は借入れ金利と同様に、会社の信用力等に応じて利率が決定されます。また割引の日から支払期日までの期間が長いと割引料もその分かかります。具体的な手形割引の方法は、銀行で手形を割引く場合は融資取引になり、銀行取引約定書を差し入れるのですが簡単ではありません。最初に手形割引の担当者からいろいろ質問されます。 手形割引の取引きといっても永続的な取引のひとつなので担当者は、事業を始めたのはいつ頃か、資金面は今までどうしていたか、業種はなにか、など聞かれますので率直にお話ください。

ガガミラノの時計は、男性からの支持が多いけれど、ガガボールは女性からの視線が熱いです。カリスマモデルの美香さんが、ブログで紹介したり、オネエキャラのファッションアドバイザー植松晃士さんがブログで紹介したりと、ガガボールをメディアや雑誌で目にしている方も多いかも知れません。美香さんの使い方は、エルメスのバッグに、大きさの異なるガガボールを2個下げていましたが、大人の遊びゴコロ・・・大人じゃないと出来ないテクニックですね。

その上、お値段が手頃。まずは試しに1つ、と思ったあなたはもう、カーリーコレクションから抜け出せなくなっちゃいます。人気のグリッターシリーズのモニークちゃん・ミニポーチです。カーリーコレクションで大人気のモニークちゃんアップリケのこのポーチ、キラキラ輝く控えめな紫色がとってもキレイ。正面から見た可愛さもさることながら、このポーチ、後ろの刺繍も可愛いし、内側も生地もピンクに黒のドットで、隅々までこだわりが感じられます。